「次に流川でお前を見たら、つぶし殺す」恨みを買いやすい広島県人

1月28日、広島中央署は広島市中区八丁堀、風俗店店長韓昇真(ハン・スンジン)容疑者(26)を傷害と脅迫の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、19年7月24日午前3時ごろ、経営する中区銀山町の風俗店で、当時従業員だった男性(26)の脇腹などを数回膝蹴りするなどして約1週間のけがをさせた上、「次に流川でお前を見たら、つぶし殺す」などと言って脅迫した疑い。同署は店内でトラブルがあったとみている。韓容疑者は「蹴ってないし、脅迫もしていない」と否認しているという。(中国)


【合わせて読みたい記事】
「広島働き方改革110番」自閉症社員や反抗的女子社員の対応策は?

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ