シャレオで女性の上半身を触った会社員を逮捕

1月28日、広島中央署は広島市中区橋本町、会社員立花勇樹容疑者(35)を県迷惑防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、19年8月29日午前8時45分ごろ、中区紙屋町1丁目の地下街シャレオで、歩いていた女性の上半身を服の上から触った疑い。同署によると、2人に面識はなく、女性が同署に被害を届けた。立花容疑者は「はっきりと覚えていないが、痴漢をしていると思う」と供述しているという。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ