参院選・河井案里陣営だった関係者2人がテレビで証言

19年の参院選で、河井案里氏の陣営だった関係者2人がJNNの取材に応じ、選挙戦の詳細を語ったという。

「以前、河井克行先生の衆議院の選挙を手伝ったことがあり、その時、すでに(日当)3万円は常態化していた。」(ウグイス嬢の手配を依頼した河井陣営関係者)

こう語るのは、案里氏の陣営で、ウグイス嬢と呼ばれるスタッフの手配を依頼した男性。

河井克行議員の選挙戦では、以前から法定上限額の1万5千円を超える3万円の日当を支払うことになっていて、その仕組みが、案里氏の選挙戦でも引き継がれていたという。また、報酬も含め、陣営内には独特の慣習があり、「河井ルール」といわれていたという。



河井陣営 男性



案里氏の陣営のウグイス嬢集めにかかわった女性はこう話す。

「しゃべり始めて克行さんが声が気に入らなければチェンジ(とアクション)。決定権や全ての主導権は、河井克行さんにあったからこそ生まれた言葉だと思う。」(ウグイス嬢集めに関わった女性)

問題が報じられ始めると、河井事務所の秘書から男性に何度も電話がかかり、出ないでいると、秘書は男性の家族にこう語ったという。

「『あなたたちは何も心配しなくていい』『なので弁護士さんと話をしてほしい。すり合わせてほしい』『それを僕に伝えてほしい』と(言われた)。」(河井陣営関係者)

「説明ができないといったことは、まずあり得ないのではないか。有権者の代表として国会に押し上げられたのであれば、説明はせめてしてほしい。」(ウグイス嬢集めに関わった女性)

この事件をめぐっては、広島地検による関係者の任意聴取が続いていて、地検は聞き取った内容と、捜索で押収したパソコンやスマートフォンなどの解析を照らし合わせるなどして、立件の可否の判断に向けた捜査を進めているとみられる。(RCC)



河井陣営 女性

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ