尾道商業高校の教師が大阪の書店で文庫本を万引き

1月24日、大阪府警曽根崎署は大阪市北区の書店で文庫本1冊を万引したとして、窃盗の疑いで尾道商業高の男性教諭(57)=尾道市=を書類送検した。容疑を認めている。書類送検容疑は19年12月28日午後7時10分ごろ、大阪市北区曽根崎のビル地下2階にある書店で、文庫本1冊(販売価格937円)を盗んだ疑い。

直後に男性店員に見つかり現行犯逮捕されたが、翌29日に釈放され、任意での捜査が続いていた。署によると、教諭は観光で大阪に来ていた。店長が不審に思って話しかけると、制止を振り切って逃げたが、ビル地上1階で取り押さえられた。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ