日教組全国集会の影響で広島市内が大渋滞

1月24日、広島市で日本教職員組合(日教組)の全国集会が始まり、会場周辺では警察が集会に反対する団体とのトラブルに備え、警備を強化している。

日教組の集会は、広島市中心部のグリーンアリーナを会場としており、この日は午前8時から、中区で日教組の第69回教育研究全国集会が開催。県警が幹線道路の車線の一部を通行止めにするなどして、約2400人態勢で市中心部の警備を強化している。

この影響で、24日早朝から広島市内では、広島高速4号や国道54号など市中心部に向かう幹線道路で渋滞が相次いだ。広島高速道路公社によると、広島高速4号では午前7時55分ごろから渋滞が発生し、一時は約3キロに及んだ。

また、中区西白島にあるクラーク記念国際高校広島キャンパスでは、午前8時55分に始まる入学試験に受験生3人が遅刻した。学校では「30分繰り下げて受験できるようにした」という。

集会は1月26日まで続けられるという。(中国、RCC)



広島市 日教組全国集会


日教組 集会 街宣車

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ