陸自2等陸曹が酒飲んで部下の女性の体を触って懲戒処分

1月21日、陸上自衛隊第13旅団(海田町)は、部下の女性隊員の体を触るなどわいせつな行為をしたとして、第46普通科連隊の30代の2等陸曹男性を停職4カ月の懲戒処分にした。2等陸曹は同日、依願退職した。同旅団によると、19年7月14日、岡山県内の演習場で訓練終了後、飲酒の上、同じ隊の部下の女性隊員の体を触るなどしたという。女性隊員が上司に報告し、警務隊が捜査。2等陸曹は行為を認めたという。警務隊は強制わいせつ容疑で書類送検する予定という。(中国)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ