安佐北の路上殺傷事件で被告に懲役27年 控訴棄却

広島市安佐北区で2018年1月、男性2人を包丁で刺し殺傷したとして、殺人などの罪に問われた無職高橋豪被告(35)の控訴審判決で、広島高裁(多和田隆史裁判長)は1月21日、懲役27年とした一審広島地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

一審で被告側は、統合失調症の影響があったとして責任能力を争った。多和田裁判長は判決理由で「犯行の計画性などから、病気で幻覚があったとは認められない」と指摘。一審判決の量刑は妥当だと判断した。

判決によると、18年1月、路上で座山則男さん=当時(75)=と男子大学生を包丁で刺し、座山さんを死亡させ、学生にけがを負わせた。(共同)

安佐北区可部で男性2人が刺され1人死亡

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ