河井案里氏が本会議の席で笑顔 適応障害治った?

1月20日、自民党の河井案里参議院議員と、夫の河井克行前法務大臣が、およそ2カ月半ぶりに通常国会に登院した。河井案里氏は記者団に対し、「病状も見ながらだったが、今日からまた国会活動を再開させてもらいたいと思う。政治不信を招いており、大変深くおわび申し上げたい」と述べ、改めて陳謝した。

その上で「秘書の聴取は任意で行われているが、内容などについて、私は知らされていない。捜査には全面的に協力していく」と述べた。また「不十分な説明しかできず、世間の皆様も納得はしていないだろうと心苦しく思っている。ただ、捜査に影響が及ばないことが一番で、一区切りついたところで、しっかりと説明させてもらいたい」と述べた。

一方、夫の河井克行氏は、記者団に対し、「政治不信を招き、深くおわび申し上げたい。国会にしっかり出席して国会議員の責務を果たしたい」と述べました。その上で、「刑事事件としてすでに捜査が始まっており、捜査に支障を来すことは慎むよう弁護士に言われていることから、所感や考えを述べることは控えたい」と述べた。また離党や議員辞職については、「全く考えていない」と述べ、改めて否定した。(NHK広島)


笑顔が戻った案里氏 適応障害完治か?

午後の本会議では、両手で目元を拭うようにして笑顔を見せた場面。

河井案里議員 登院 笑顔

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ