広島市安佐南区の国道54号で路側帯を歩いていた高齢者がバイクにはねられ死亡

1月10日夜、広島市安佐南区の国道で、路側帯を歩いていた高齢女性がバイクにはねられ死亡した。事故があったのは、広島市安佐南区西原の国道54号線。10日午後7時10分ごろ、安佐南区長束に住む生田富子さんが路側帯を南に向かって歩いていたところ、後ろから来たバイクにはねられた。生田さんは、近くの病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。バイクを運転していた34歳の男性も軽いケガをした。

現場は、片側3車線で緩やかな上り坂の左カーブになっていて、車道の横には幅の広い歩道があったが、生田さんは何等かの理由で路側帯を歩いていたという。警察は、事故の原因を詳しく調べている。(TSS)




広島市安佐南区西原 人身事故


関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ