尾道市立小の技術員が福山で飲酒運転して現行犯逮捕される

1月7日夜、福山市で酒を飲んで車を運転したとして、尾道市職員の男が現行犯逮捕された。酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、尾道市立小学校の技術員・古川智章容疑者(49)。警察によると、7日午後10時50分ごろ、福山市住吉町の国道2号線で、酒気を帯びた状態で軽自動車を運転した疑いがもたれている。

古川容疑者が右折しようとした際、横断歩道を自転車で渡っていた男性と衝突。目撃者からの110番通報で現場へ駆け付けた警察官が飲酒運転に気付き、現行犯逮捕した。男性は肩や腕を打撲する軽いけがをしたという。古川容疑者は容疑を認めているといことで、尾道市教育委員会は「事実関係を確認して対応したい」としている。(RCC)




尾道市職員 飲酒運転

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ