塩村文夏氏の資産 株式200株保有

19年7月の参院選で当選した参院議員124人の資産が1月6日、公開された。中国地方では、5人が公開対象となり、トップは自民党の林芳正氏(山口)が1億1700万円で、大半が下関市内の不動産。預金は500万円。資産総額の計算に入れない株式は、山口合同ガス(下関市)など5銘柄計16万7927株、豊田湖ゴルフクラブ(下関市)など3件のゴルフ会員権も保有する。

国民民主党の森本真治氏(広島)は、広島市安佐北区の不動産が914万円で、借入金は3千万円。

雲隠れ中の自民党の河井案里氏(広島)は、資産ゼロで、普通自動車を1台保有。

1年前に広島選挙区から東京選挙区に鞍替えした立憲民主党の塩村文夏氏は、資産ゼロで、株式を200株とした。いったいどこの銘柄を保有しているのだろうか。もしかしたら、投資家として財産を築く事を考えているのかもしれない。


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ