神社の初詣で盗撮した男が現行犯逮捕される

広島中央署は1月1日午前11時55分ごろ、三原市明神2丁目、無職清政則行容疑者(66)を県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで現行犯逮捕した。逮捕容疑は、広島市中区の神社で初詣に来ていた女性(32)のスカートの下にスマートフォンを差し入れて動画を撮影した疑い。女性の知人が気付いて取り押さえ、近くにいた警察官に引き渡した。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ