音声を使えない5人組がボートで釣りをしている最中にNET118通報

12月28日午後1時40分ごろ、呉市倉橋町鹿島の南約3キロの海上で、プレジャーボートに機関トラブルがあったと、広島市南区の無職男性(64)から「NET118」通報があった。NET118は聴覚や言語障害のある人が音声を使わず通報できるシステムで、運用を開始した11月以降、第6管区海上保安部内で救助に活用されたのは初めて。呉海上保安部によると、ボートには所有者の男性を含めて5人が乗っており、会話で通報できる人はいなかった。自力航行できなくなり、男性が自身のスマートフォンで海保側と文字でやりとりした。5人は釣りをしていたという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ