30歳の防衛大生が強制性交の罪で起訴される

12月27日、広島地検は強制性交の疑いで逮捕、送検された防衛大学校の学生田中隼人容疑者(30)=神奈川県大和市福田=を強制性交の罪で起訴した。起訴状などによると、11月4日に呉市内のホテルで小学生の10代女児が13歳未満と知りながら乱暴した疑い。県警によると、田中被告は会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合った。女児の父親から相談があり容疑が発覚した。

防衛大学校によると、田中被告は海上自衛官で幹部としての勤務経験があり、現在は1等海尉。昨年度から同大学校の理工学研究課前期過程に在籍する。(中国)

防衛大学校の学生が呉のホテルで小学生の女の子を強制性交して逮捕される

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ