飲酒運転&当て逃げ逃走した消防士長を懲戒免職

12月27日、広島市消防局は酒を飲んで乗用車を運転したとして現行犯逮捕され、処分保留で釈放中の南消防署の小熊祐一郎消防士長(35)を懲戒免職にした。市消防局によると、小熊消防士長は11月29日午後9時ごろから翌30日午前3時ごろまで自宅で飲酒した後、同日午前8時ごろから乗用車を運転。

近くのコンビニ駐車場から出る際、停車中の軽トラックと接触し、逃走した。パトカーの停止要請にも応じず、建物の壁などに衝突して停車した。広島西署に道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕された。(中国)

広島市南消防署員が飲酒運転で当て逃げ&逮捕

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ