広島のショーンが飲酒運転&無免許運転で逮捕される

12月24日、佐伯署は広島市佐伯区五日市町下河内、会社役員真崎ショーン容疑者(32)を道交法違反(酒気帯び、無免許運転)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、同日午前1時45分ごろ、自宅近くの市道で酒を飲んで乗用車を無免許運転した疑い。

同署によると、真崎容疑者の車が市道沿いの月極め駐車場のフェンスに衝突し、物音で事故に気付いた駐車場の管理人が110番。駆け付けた署員が署に任意同行し、呼気検査で基準値の2倍に当たる1リットル当たり0.3ミリグラムのアルコールを検出した。

免許は交通違反などで約2年前に取り消されていた。真崎容疑者は「酒は飲んだが、車は運転していない」と容疑を否認しているという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ