熊野町の県道でトラックが信号無視して女性をはねる

12月22日、熊野町の県道で赤信号を無視した中型トラックが横断歩道を歩いていた女性をはねる事故があった。トラックを運転していた男はその場で現行犯逮捕された。22日午後6時前、熊野町柿迫の県道34号で中型トラックが赤信号を無視して交差点に進入し、横断歩道を渡っていた女性(29)をはねた。はねられた女性は頭蓋骨や肋骨を折るなどの重傷。

中型トラックを運転していたのは、呉市広塩焼の椛島義行容疑者(50)で、過失運転致傷の疑いでその場で逮捕された。椛島容疑者は調べに対し「信号無視して歩行者をはねたことは間違いない」と容疑を認めているという。椛島容疑者からアルコールは検出されておらず、警察は信号無視した経緯など事故の原因を詳しく調べている。(TSS)



熊野人身事故

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ