2017年度の教師の悪事の数は大阪府1位、広島県4位(10万人当たり2位)

教師による生徒へのわいせつ行為やセクハラが絶えないという。大阪府教育庁は来年度から、府立の中高や特別支援学校の生徒計約13万人を対象に被害の有無をアンケートで尋ね、学校を介さず、直接回収する方針を固めた。学校が回収すると、被害の訴えが加害側に知られる可能性があるからだという。府教育庁によると、直接回収の取り組みは全国的にも珍しいという。

文部科学省によると、2017年度に強制性交や強制わいせつ、痴漢、盗撮などの行為で懲戒・訓告処分を受けた教職員は210人。うちほぼ半数の97人が自校の児童・生徒へのわいせつ行為と認定された。都道府県別では大阪府は20人とワースト1位で、東京都18人、千葉県13人、広島県11人、北海道10人、沖縄県10人、愛知県9人、神奈川県7人など。政令指定都市別でもワースト1位は大阪市5人、2位は堺市と神戸市の4人と続く。(朝日)



全国の教師による脇説行為・懲戒処分



【教師10万人当たりの順位】
教員数は文部科学統計要覧(平成30年版)を参考。
左から、順位、都道府県、教員数、悪事の数、10万人当たりの数

1位 沖縄県 19,039人 10人 52.5人
2位 広島県 31,313人 11人 35.1人
3位 千葉県 54,683人 13人 23.7人
4位 大阪府 100,966人 20人 19.8人
5位 北海道 62,917人 10人 15.8人
6位 東京都 152,863人 18人 11.7人
7位 愛知県 76,336人 9人 11.7人
8位 神奈川県 74,984人 7人 9.3人

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ