広島中央署現金盗難事件で中山(父親)被告に懲役3年の実刑判決

広島中央署で詐欺事件の証拠品として保管されていた現金8572万円が盗まれた事件で、詐欺事件の主犯格の一人、中山(父親)被告に懲役3年の実刑判決が言い渡された。尚、警察署内から現金を持ち逃げした真犯人は未だ逮捕に至っていない。


起訴状などによると、中山照寿被告(61)は、現在、詐欺事件などで公判中の息子・和明被告(36)と共謀して、2015年9月から翌年の2月にかけ、資産家になりすまし合計17億円が生前贈与されるという嘘の電子メールを送信し、手数料名目で被害者6人から現金などおよそ1600万円を騙し取った詐欺の罪に問われている。

20日の判決公判で広島地裁の安藤範樹裁判長は、詐欺であることを認識しながら関与していたとし、懲役4年の求刑に対し懲役3年の実刑判決を言い渡した。

この詐欺事件をめぐっては、2年前、証拠品として押収した現金8572万円が広島中央署から盗まれたままとなっていて、現在、公判中で主犯格の中山和明被告が判決で追徴金の支払いを命じられた場合、広島県警が弁済することになっている。(TSS)




広域詐欺事件 中山親子被告

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ