尾道駅線路脇死亡男性の似顔絵公開

12月5日、尾道市の線路脇で死亡していた男性について、警察は似顔絵を公開して情報の提供を求めている。年齢は60歳代とみられていて、県警のホームページで公開されている。男性は12月5日、尾道駅からおよそ西に1.5キロの線路脇で死亡していた。現場の状況から前日の4日午後6時ごろ、列車にひかれたとみられている。推定で身長172センチ、体重は70キロ。黒色のダウンジャンパーを着て、青色のジーンズをはいていたが、身元を特定できる所持品はなかったという。警察は身元の特定が進まないため、これらの画像を公開して情報の提供を呼びかけている。(RCC)




尾道駅 線路脇死亡


尾道駅 線路脇で死亡男性

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ