広島市西区の北大橋から外国人女性が川に転落して死亡

12月19日未明、広島市西区の橋から外国人の女性が転落し、間もなく引き上げられたが死亡した。19日午前1時半ごろ、広島市西区楠木町の北大橋で、人が川に転落したと通行人から警察に通報があった。通報からおよそ20分後に転落した女性が心配停止の状態で引き上げられ、病院に運ばれたが死亡が確認された。亡くなったのは20代の外国籍の女性と見られ、数人で会食した後に転落したという。警察は、転落する直前まで女性と一緒にいたとみられる中国籍の男性から話を聞くなどしている。(HTV)




広島市西区楠木町 川へ転落

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ