立憲民主が広島3区に熱海のライアン真由美氏を擁立

12月16日、立憲民主党広島県連は福山市で常任幹事会を開き、次の衆院選広島3区に、新人で静岡県熱海市に住むライアン真由美氏(56)を党公認で擁立すると確認した。複数の関係者によると、党本部の候補者公募に応じていた。党県連の申請を受け、党本部が12月24日にも決める見通し。

常任幹事会は非公開。党県連の渡壁正徳代表は会合後、3区の立候補予定者を決めたとして「注目の選挙区。ここで戦わないといけない」と述べた。関係者によると予定者は、英語研修などを手掛ける東京の会社に勤めているライアン氏。(中国)


【プロフィール】
ライアン真由美氏は2018年12月に熱海市東海岸町に移住。都内の教育関連会社の取締役を務め、新幹線通勤している。米国とニュージーランドに居住経験がある。(熱海新聞)
関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ