部落解放同盟広島県連「再建50年記念のつどい」が呉で開かれる

部落解放同盟広島県連合会の「再建50年記念のつどい」が12月14日、呉市内のホテルであった。県内の自治体、企業関係者たちも含め、約150人が参加。岡田英治委員長(67)が、50年前の再建大会も呉市で開かれたことに触れ「歴史にしっかり学び、前進への糧にしたい」とあいさつした。

小森龍邦顧問(87)もスピーチし、「水平社運動の先輩たちの言葉に、私自身も奮起してきた。これからも闘い続けねばならない」と運動の継承を呼び掛けた。50年を振り返るスライド上映などもあった。(中国)


関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ