中区十日市町のマンションが火事 焼け跡から1人の遺体が見つかる

12月14日夜遅く、広島市中区の7階建てのマンションの5階部分から火が出て、焼け跡から1人が遺体で見つかった。火事のあと、5階の部屋に住む40代の女性と連絡がとれず、警察が身元の確認を急いでいる。

14日午後10時半ごろ、広島市中区十日市町にある7階建てのマンションの5階から炎が出ていると、付近に住む人から消防に通報があった。消防車19台が出て火はおよそ1時間後に消し止められたが、5階の火元とみられる部屋から1人が遺体で見つかった。

警察によると、この部屋には43歳の女性が夫と暮らしていて、火事のあとこの女性と連絡がとれなくなっているということで、警察が身元の確認を急いでいる。火事を目撃した男性は「上の階に届くほど火の勢いがすごく、燃えたものが落ちるなどしてあたりは騒然としていた」と話していた。

現場は、広島市中心部のビルやマンションが建ち並ぶ地域。(NHK広島)



広島市中区 ビル火災

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ