福山市青葉台の市道で高齢女性が車にはねられ意識不明の重体

12月13日夕方、福山市の市道で横断歩道を歩いていた74歳の女性が軽自動車にはねられ意識不明の重体。警察は軽自動車を運転していたパート従業員の女を過失運転致傷で現行犯逮捕した。現行犯逮捕されたのは福山市春日町のパート従業員・池田裕子容疑者(35)。

警察によると、12日午後5時45分ごろ、福山市青葉台の市道で近くに住む74歳の女性が信号機のない横断歩道を歩いていたところ、池田容疑者が運転する軽自動車にはねられた。女性は全身を強く打ち、病院に搬送されたが意識不明の重体。

調べに対し池田容疑者は、「間違いない」と容疑を認めている。事故当時、現場は薄暗かったものの見通しの良い直線道路で、警察は池田容疑者が前をよく見ていなったとみて詳しい事故の原因を調べている。(TSS)



福山市青葉台 人身事故

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ