安芸区中野の市道でトラックが陥没した穴にはまる

12月12日、広島市の市道でプロパンガスを積んだトラックが、陥没した道路にタイヤがはまり、一時、立ち往生した。運転手にけがはなかった。12日午前11時40分ごろ、広島市安芸区中野の市道を走っていたトラックの運転手から「陥没した道路の穴にタイヤがはまった」と警察に通報があった。

この付近では去年の西日本豪雨で道路の2カ所が陥没し修繕されたが、今回の場所では道路下の土が空洞化していてトラックの重さで陥没したとみられるという。陥没した穴は縦およそ110センチ、横70センチ、深さ40センチほどで、現在、修繕工事が進められている。警察によると、このトラックの積載に問題はなかったという。(TSS)



広島市安芸区中野 道路陥没

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ