国民民主党広島県連が立候補予定者を全国公募 3区で勝てるか?

国民民主党・広島県連は次の衆議院議員選挙と参議院議員選挙の立候補予定者を、全国公募すると発表した。公募期間は12月12日から通年で行い、柳田稔代表など6人からなる候補者擁立委員会など2つの委員会で、書類と面接により経歴や志望理由を審査するという。

国民民主党はこれまでのところ次の衆院選では、広島7区から2年前に立候補した新人が再び立候補を予定しているほか、広島6区からは旧民主党系で無所属現職の佐藤公治氏が立候補を予定しており、野党共闘で戦う構え。

公募では、それ以外の広島1区から5区で他の野党とも連携して立候補予定者を募りたい考えで、河井克行衆議院議員の選挙区である広島3区についても有力候補の擁立を目指すとしている。

「(河井克行氏がいる広島3区は)特に立憲民主党さんも含めて勝たなければいけない選挙区だという認識。他党ともしっかり協議しながら皆が応援して勝てる候補を立てていきたい」(国民民主党県連・福知基弘幹事長)(TSS)




国民民主党広島県連 立候補者全国公募

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ