呉の自宅で乾燥大麻を所持・栽培した男を逮捕

自宅で大量の大麻草を栽培し、乾燥大麻を所持していたとして呉市の男が中国四国厚生局麻薬取締部に摘発された。大麻取締法違反で逮捕・起訴されたのは、呉市三和町の車両回送業志田昌宏被告(52)で、麻薬取締部は押収品の一部を報道公開した。

調べによると、志田被告は10月31日、自宅のアパートに乾燥大麻0.693グラムを所持していた疑いで現行犯逮捕された。また、11月20日には、自宅から押収された鉢植えの大麻草、270株のうち62株を営利目的で栽培したとして再逮捕され、12月10日、広島地方検察庁に起訴された。

押収された鉢植えの大麻草は、末端価格でおよそ1000万円相当だという。志田被告は所持・栽培については「間違いありません」と容疑を認めているものの、営利目的については、黙秘しているという。押収された屋内栽培の大麻草は中四国地方では過去最大の量で、麻薬取締部は志田被告が密売していたとみて販売ルートなどを詳しく調べている。(TSS)




呉市 大麻栽培 志田昌弘容疑者

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ