山陽自動車道「志和トンネル」でリムジンバスやトラックなどが次々と衝突

12月5日夕方、山陽自動車道の東広島市と広島市との境にあるトンネルの下り線で、大型トラックとリムジンバスのあわせて4台が追突した。消防によると、バスの乗客の70代の女性がけがをして病院に搬送された。現場の近くではこのほかに合わせて6台が関係する事故が起きた。

5日午後6時前、山陽自動車道の東広島市と広島市との境にある「志和トンネル」の下り線で、3台の大型トラックとリムジンバスが次々に追突した。警察や消防によると、リムジンバスは広島空港から広島市内に向かい当時17人が乗っていて、このうち70代の女性が頭に軽いけがをして病院に搬送された。

また、このトンネルの下り線では、現場の数十メートル前方でトラックと乗用車2台の追突事故があったほか、数十メートル後方でトラック2台とワンボックスカーが追突したという。この2件の事故でけが人の搬送はないということで、警察が詳しい状況を調べている。(NHK広島)




山陽道 志和トンネル事故

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ