カーテンの隙間から女性宅を動画撮影していた男を再逮捕

12月2日、安佐南署は広島市安佐南区伴中央6丁目、派遣社員貞安昭宏被告(46)を住居侵入と軽犯罪法違反(のぞき見)=住居侵入罪で起訴、窃盗容疑で処分保留=の疑いで再逮捕した。再逮捕容疑は、8月29日から10月10日までの間、アパートの20代の女性方のベランダに侵入し、室内を録画撮影した疑い。同署によると、女性が部屋にいる時にカーテンの隙間などから室内を撮影していたという。

同署は、別の20代の女性宅のアパートのベランダに侵入したとして、10月24日に住居侵入の疑いで逮捕。この女性に届いた封筒を郵便受けから盗んだとして窃盗容疑で11月19日に再逮捕した。初回の逮捕時に貞安容疑者から押収したスマートフォンに今回の女性の動画や写真が保存されていた。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ