今度は「河井疑惑をただす会」が河井元法相夫妻を告発

7月の参議院選挙で初当選した河合案里氏の陣営が、運動員へ違法な報酬を支払ったとして、市民グループが案里氏と夫の克行氏を公職選挙法などの疑いで広島地検に刑事告発状を提出した。告発状を提出したのは、県内の団体役員などで結成する「河井疑惑をただす会」を中心とした76人。

告発状によると、河井克行氏と案里氏は出納責任者と共謀の上、「ウグイス嬢」の運動員13人にそれぞれ日当の上限の2倍にあたる3万円を支払ったとしている。また、克行氏が10月5日、北広島町の高速道路で運転手にスピード超過を指示した疑いや、案里氏が今年春の県議会議員選挙で当選祝いや激励などの名目で、複数の自民党県議にそれぞれ現金50万円を渡した疑いでも告発している。

今回の疑惑では、河井克行氏が法務大臣を辞任。先月も神戸学院大学の教授らが刑事告発している。2人は、この1カ月、いまだ公の場に現れていない。


「お2人は本当にみんなの前で早く出てきて真相を話してほしい」(疑惑をただす会、山根岩男事務局長)

(NHK広島)



河井元法相夫妻 告発

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 2件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00010002-hometvv-l34

適応障害なら国会議員辞任すべき

2019/12/07 (Sat) 09:19 | 編集 | 返信 |   
名無しさん  

適応障害でなぜ議員になったのか

2019/12/07 (Sat) 01:16 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ