晴海の海上でプレジャーボートが防波堤に衝突

11月30日午後9時55分ごろ、大竹市晴海の小方港の南約200メートルの海上で、同市阿多田の会社員男性(56)が船長のプレジャーボートを兼ねた漁船(8.5トン)が、防波堤に衝突した。岩国海上保安所によると、男性が頭や顎にけがをし、乗っていた同所のパート女性(72)が腰を強く打つなどした。別の男性1人を含む3人で市内の居酒屋を訪れ、島にある自宅に一緒に帰るところだった。船長の男性は酒を飲んでいたという。同署は業務上過失往来危険や業務上過失傷害の疑いがあるとみている。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ