広島市南消防署員が飲酒運転で当て逃げ&逮捕

11月30日午前、広島市で35歳の消防署員が酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転の疑いで警察に逮捕された。逮捕されたのは、広島市南消防署の小熊祐一郎消防士長(35)。警察の調べによると、小熊容疑者は30日午前9時ごろ、広島市西区天満町の市道で酒を飲んで車を運転したとして酒気帯び運転の疑いが持たれている。

警察によると、小熊容疑者は車を運転してコンビニエンスストアからバックで市道に出た際、止まっていた軽乗用車に衝突したあとそのまま走り去ったという。通報を受けた警察官が500メートルほど離れた所で車を見つけ追跡したところ、交差点で左折した際、電柱やブロック塀にぶつかって止まり、基準の4倍のアルコール分が検出されたため、その場で逮捕された。

警察の調べに対し小熊容疑者は「間違いない」と容疑を認めているという。広島市消防局によると、小熊容疑者は30日は休みだったということで、警察は酒を飲んで車を運転したいきさつなどを調べている。(NHK広島)




広島市消防局員 飲酒運転

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ