体調が悪い?覚せい剤を混入させられていたのが原因だった

11月18日、安佐北署は広島市東区戸坂千足1丁目、無職朴三津枝被告(53)=覚せい剤取締法違反(所持)罪で起訴=を同法違反(使用)の疑いで再逮捕した。再逮捕容疑は10月20日、自宅で知人の30代会社員男性に対し、覚醒剤を何らかの方法で摂取させる形で使った疑い。同署によると、朴容疑者は「身に覚えがありません」と供述しているという。男性が体調不良を訴えて検査を受けたところ、心当たりのない覚醒剤反応が出たことから届け出た。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ