東広島の塾講師が女子小学生の下半身を触って逮捕される

東広島市の塾講師の男が指導中に女子小学生の下半身を触ったなどとして、強制わいせつの疑いで逮捕された。強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、東広島市の塾講師山戸満弘容疑者(37)。警察によると、山戸容疑者は今年9月24日、講師として勤める東広島市内の塾で指導をしていた小学生の女子児童の尻などを触った疑いが持たれている。

被害を受けた女子児童から話を聞いた家族が警察に相談し事件が発覚した。事件当時、教室ではおよそ5人の生徒が授業を受けていて、講師は山戸容疑者の1人だけだったという。警察の調べに対し山戸容疑者は「やってません」と容疑を否認している。警察は日常的に犯行が行われていなかったかなど余罪についても捜査を進めている。(TSS)



東広島市 塾講師 わいせつ行為

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ