生後7カ月の男児を洗濯機に入れて監禁した福山の会社員を逮捕

福山市で交際相手の生後7カ月の息子を洗濯機の中に入れ、監禁した疑いで28歳の男が逮捕された。福山市の会社員杉原稔章容疑者(28)は今年9月、自宅で交際相手の生後7カ月の息子を縦型洗濯機の中に入れ、脱出できなくした監禁の疑いがもたれている。調べに対し杉原容疑者は「洗濯機内に入れたことは間違いない」と容疑を認めているという。警察によると、杉原容疑者は男の子を洗濯機に入れた画像を交際相手に送るために犯行に及んだとみて、虐待を視野に詳しい動機などを調べている。(HOME)


男の子の体には複数のあざ

男の子は杉原容疑者と交際している女性の子どもで、杉原容疑者は「洗濯機に入れたことは間違いない」と供述し、容疑を認めているという。洗濯機は内部の洗濯槽の直径が40センチ、深さが40センチ。杉原容疑者は洗濯機の中に入った状態の男の子の画像をスマートフォンで撮影し、SNSで交際相手の女性に送っていたとみられている。画像の男の子はうずくまった状態で、見る限りでは水は入っていなかったという。男の子の体には複数のあざのようなものがあり、警察は、男の子が虐待を受けていた可能性も視野に捜査している。(RCC)



東広島市洗濯機 幼児監禁


洗濯機監禁 杉原稔章容疑者

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ