福山の山陽自動車道でトラックなど3台が絡む事故

11月6日午後、福山市の山陽自動車道でトラックなど3台が絡む追突事故があり、運転していた女性1人が意識不明の重体。6日午後2時前、山陽道下り線の福山サービスエリア付近で、中型トラックが軽自動車に追突した。このはずみで軽自動車が渋滞のため前に停まっていた大型トラックに追突した。

この事故で間に挟まれた軽自動車が大破し、運転していた50代の女性がおよそ1時間後に車から救出され、病院に搬送されたが意識不明の重体。また、追突された前のトラックの運転手が軽傷見込みだという。警察は、最初に追突した中型トラックが前方不注意だったとして運転手の竹中祥太容疑者(27)を過失運転致傷で現行犯逮捕し、事故の詳しい原因を調べている。(TSS)




福山市山陽道 自動車事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ