湯崎知事が引きこもり状態の河井案里氏を名指しで逆襲

自民党の河井克行衆院議員(広島3区)が妻の案里氏(参院広島)の公選法違反疑惑などを受けて法相を辞任した問題で、広島県の湯崎英彦知事は11月5日の記者会見で、「まさに活躍をするいとまもなく辞任され、非常に残念だ」と述べた。9月の法相就任時には「活躍を期待申し上げる」とのコメントを出していた。

「政治とカネ」を巡る国民の政治不信を拭い去るため、夫妻が説明責任をできるだけ早く果たす必要があるとの認識もあらためて示した。

「今回の件は事実関係が誰にも分からないのが現状だ。整理や調査が必要かもしれないが、案里氏を含めてできるだけ早く説明し、事実関係を明確にするべきだ」と注文した。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ