夫婦げんかで妻を突き飛ばして死亡させた夫を逮捕

11月2日、安佐南署は同居する妻(76)にけがを負わせたとして、広島市安佐南区安東7丁目、無職松重幸則容疑者(69)を傷害の疑いで逮捕した。妻は1日に死亡が確認され、同署は司法解剖し、死因を調べる。逮捕容疑は10月30日午後6時半ごろ、自宅で妻を突き飛ばすなどして、頭部に打撲を負わせた疑い。1日に松重容疑者が119番し、駆け付けた救急隊員が妻の死亡を確認した。同署の調べでは、夫婦は2人暮らし。松重容疑者は「けんかをして妻を突き飛ばした。妻が2階で亡くなっているのを見つけ、119番した」と供述しているという。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ