河井克行法相が就任50日間で速攻辞任

10月31日午前、河井克行法相(56)は首相官邸で安倍晋三首相と会い、辞表を提出した。同日発売の週刊文春が、今年7月の参院選で初当選した妻で自民党の河井案里参院議員(46)の陣営が、参院選で車上運動員に法定上限を超える報酬を支払った疑いがあると報じていた。

河井氏は辞表提出後、記者団に対し、疑惑について「私も妻も全くあずかり知らない」と語った。そのうえで「法務、検察への国民の信頼を守るため大臣を辞する」と説明した。

河井氏は衆院広島3区選出で、当選7回。副法相、首相補佐官などを務め、9月の内閣改造で初入閣した。案里氏は、広島県議を4期務め、7月の参院選に広島選挙区(改選数2)から立候補し初当選した。(毎日)




河井克行法相 辞任

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ