女子高生に風俗の実技指導をさせた風俗店経営者を逮捕

10月29日、安佐北署は広島市中区東平塚町、風俗店経営榎本伸康容疑者(41)を児童福祉法違反(淫行させる行為)と風営法違反(年少者使用)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は4月18日、市内の当時17歳の女子高生が18歳未満と知りながら、店長を務める風俗店に雇うための実技指導と称して、市内のホテルでいかがわしい行為をさせた疑い。また、同月21日、東広島市のホテルに派遣し、男性客にいかがわしい行為をさせた疑い。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 1件

コメントはまだありません
名無しさん  

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6341078

河井の不祥事です

2019/10/30 (Wed) 21:11 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ