JR安芸矢口踏切で列車が男性と接触

10月29日午後3時15分ごろ、広島市安佐北区口田1丁目のJR芸備線安芸矢口駅構内の矢口踏切で、狩留家発広島行き普通れ列車が、中年とみられる男性と接触した。JR西日本広島支社と安佐北署によると、運転士が遮断棒をくぐって踏切内に入る男性を見つけ、非常ブレーキをかけたが間に合わなかったという。同署によると、男性は頭や腹を打ち重傷。事故の影響で同区間の上下線11本が運休するなど約1800人に影響が出た。(中国)
関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ