広島市西区のアパートで火事 入居者の1人が死亡

10月23日未明、広島市西区のアパートで火事があり、高齢の男性1人が死亡した。23日午前3時50分ごろ、広島市西区井口鈴が台で、付近の住民から「2階から炎と煙が見える」と消防に通報があった。消防車8台、救急車1台が出動し、火はおよそ1時間後に消し止められたが、火元とみられるアパートの部屋が半焼した。

消防と警察によると、この部屋の一室で男性が倒れているのが見つかり、病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。警察は亡くなった男性がこのアパートに住む一人暮らしの高齢男性とみて、身元の確認を急ぐとともに出火原因などを詳しく調べている。(TSS)



広島市西区 ビル火災

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ