みはらし温泉レジオネラ菌感染訴訟で原告側男性に137万円支払い判決

三原市須波ハイツにあった温泉宿泊施設「みはらし温泉」で2017年3月に発生したレジオネラ菌の集団感染事件で、菌に感染して一時意識不明となった市内の自営業男性(70)が、運営元の森川観光(同市)に約840万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が10月15日、広島地裁尾道支部であり、木村哲彦裁判官は同社に約137万円の支払いを命じた。

木村裁判官は、原告男性がレジオネラ肺炎にかかったとし、治療費や通院慰謝料の支払いを命じた。一方、男性が訴えていた急性ストレス障害などの後遺症については「レジオネラ肺炎が原因とは認められない」とし、休業損害や逸失利益などの請求を棄却した。

男性は「後遺症が認められず大変不満。弁護士と対応を話し合う」。森川観光は代理人を通じ、「判決を精査し対応を検討する」とのコメントを出した。(中国)

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ