さいたま小4殺人容疑で義父の進藤悠介容疑者(32)を再逮捕

さいたま市見沼区の集合住宅で、住人の小学4年進藤遼佑君(9)の遺体が見つかった事件で、埼玉県警は9日、殺人容疑で、義理の父で無職の進藤悠介容疑者(32)を再逮捕した。 「そんなことはやっていません」と容疑を否認している。捜査関係者によると、悠介容疑者は死体遺棄容疑での逮捕時、殺害を認める供述をしていたが、送検後は事件への関与を否認している。

逮捕容疑は9月17日、自宅で遼佑君の首を圧迫して殺害した疑い。捜査関係者によると、自宅から凶器として使用されたとみられる電気コードが発見された。遼佑君は午後4時すぎに帰宅してから、母親が帰宅する午後6時までの間に殺害されたとみられる。(時事)

さいたま小4男児殺害事件「本当の親じゃない」32歳の義父は呉市出身だった

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ