覚せい剤取締法違反の疑いで組員逮捕&侠道会本部を家宅捜索

指定暴力団・侠道会傘下の組員が、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、警察は尾道市にある侠道会本部を家宅捜索した。覚せい剤取締法違反の疑いで指定暴力団侠道会弘田組・組員の土居修容疑者(47)が逮捕されたことを受け、警察は10月8日午前、35人態勢で侠道会本部を家宅捜索した。

土井容疑者は10月1日、三原市長谷町の路上で、覚せい剤が入った袋を営利目的で所持していた疑いがあるとして現行犯逮捕された。警察は、別の事件で覚せい剤を所持していた人物を逮捕し、調べを進めていたところ、土居容疑者が捜査線上に上がってきたという。

調べに対し土居容疑者は、「覚せい剤は自分のものではない」と容疑を否認しているという。警察は今日の捜索で資料などを押収。組織的な犯行の可能性もあるとみて入手ルートの解明など捜査を続けている。(TSS)



尾道市 侠道会弘田組 土居修容疑者

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ