大竹市の国道2号五差路で老人が大型トラックにはねられ死亡

10月7日朝、大竹市の国道で横断歩道を自転車で渡っていた70代の男性が大型トラックにはねられて死亡した。警察は、トラックの63歳の運転手をその場で逮捕し、当時の詳しい状況を調べている。7日午前6時ごろ、大竹市玖波3丁目の国道2号線の交差点で、近くに住む大知進さん(79)が横断歩道を自転車で渡っていたところ、大型トラックにはねられた。

大知さんは市内の病院に運ばれたが、頭などを強く打っていて、およそ1時間後に死亡した。警察は、トラックを運転していた山口県周南市の会社員、山田誠二 容疑者(63)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕し、調べに対し「人をはねたことは間違いない」と供述して容疑を認めているという。

現場は、国道や市道が交わる五差路の交差点で、横断歩道には信号機が設置されていた。警察は当時の状況を詳しく調べるとともに、今後、過失運転致死の容疑に切り替えて捜査することにしている。(NHK広島)



大竹市 国道2号 人身事故

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ