ローソン三原皆実3丁目店で店長が強盗にバールで殴られる

10月4日未明、三原市のコンビニエンスストアに男が押し入り、店長がバールのようなもので殴られ軽いけがをした。男は何もとらずに逃げ、警察は強盗傷害の疑いで行方を捜査している。4日午前2時5分ごろ、三原市の「ローソン三原皆実3丁目店」に男が押し入り、63歳の男性の店長に刃物を突きつけながら「金を出せ」と脅した。

店長は男にバールのようなもので頭を殴られ軽いけがをしたが、非常ボタンを押したため、男は何もとらずに逃げたという。警察によると、男は年齢が40代から50代くらい、身長が1メートル75センチくらいで迷彩柄の帽子をかぶり白いマスクを付け、黒っい作業服を着て白い運動靴を履いていたという。

警察は、強盗傷害の疑いで男の行方を捜査している。現場はJR三原駅から南西に2キロほど離れたところで、周囲には住宅などが建ち並んでいる。(NHK広島)



三原市 コンビニ強盗

関連記事

スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ