緒方監督Bクラス転落で引責辞任

広島カープの緒方孝市監督(50)が今季限りで辞任するという。リーグ4連覇を逃したことと、4年ぶりにAクラス入りを逃した責任を取ったという。松田元(はじめ)オーナーは(68)は昨季まで3連覇を飾った手腕を評価していたが、本人の意志が固く、最終的に了承したとみられる。

緒方監督は2014年オフに1軍野手総合ベンチコーチから指揮官に昇格。采配1年目の15年は4位に終わったが、16年から球団史上初の3連覇を達成した。

今季も4連覇と政権初の日本一を目標に掲げて臨んだ。だが丸の巨人へのFA移籍、中崎、一岡ら主力投手陣の故障や不調、バティスタのドーピング検査陽性による離脱などで戦力ダウン。それでも9月14日時点で、4位・阪神に4.5ゲーム差の3位につけていたが、以降の最終盤6試合で1勝5敗と失速。阪神に最終戦で順位を逆転され、4年ぶりのBクラスとなる4位に沈み、CS進出を逃した。

また、7月には自身の選手への暴力行為も発覚。前後して20年ぶりの11連敗を記録するなど、指揮官としての求心力を疑問視する声もあった。

緒方監督は鳥栖高を経て1986年ドラフト3位で広島入り。俊足、堅守、巧打の外野手として95年から3年連続盗塁王を達成。2009年限りで現役を引退し、翌10年から1軍コーチ、監督としてユニホームを着続けていた。

緒方監督は今季で就任5年目。広島では1989年の山本浩二監督の1次政権以降、指揮官の任期は5年が上限となっている。(スポーツ報知)


◆緒方 孝市(おがた・こういち)1968年12月25日、佐賀県生まれ。50歳。鳥栖高から87年のドラフト3位で広島入団。俊足強打の外野手として鳴らし、95年から3季連続盗塁王、同年から5年連続でゴールデン・グラブ賞に輝いた。通算1808試合で打率2割8分2厘、241本塁打、725打点、268盗塁。2009年限りで引退した後は野手総合、守備・走塁、打撃コーチを歴任し、15年から監督。16年からセ・リーグ3連覇。181センチ、80キロ、右投右打。家族はかな子夫人と1男。

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ