岸田派名誉会長の古賀氏が「憲法9条は世界遺産」 それはポエム?お花畑?痴呆症?

国会議員を引退した自民党の古賀誠元幹事長(79)が9月28日、著書「憲法九条は世界遺産」(かもがわ出版)を出版したという。安倍晋三首相が意欲を示す憲法9条への自衛隊明記に「やってはダメだ」と明確に反対したという。

著書は昨年夏の講演録に加筆した。戦争で父を亡くした生い立ちを紹介し「9条には戦争遺族の血と汗と涙が込められている。戦後不戦を貫いた9条の力は世界遺産だ」と訴えた。

戦争放棄の1項、戦力不保持の2項を残し、自衛隊を明記する自民案に対しては「自衛隊を書く必要はない。それが1、2項を守ることにつながる」と主張。「針の穴でも一つ開けば、おかしいところにいってしまう」と懸念した。

古賀氏は岸田派名誉会長。首相は岸田文雄政調会長ら党幹部を挙げて改憲論議を進めるよう求めており、牽制した格好。(産経)




憲法9条は世界遺産 古賀誠


大山 お花畑

関連記事

スポンサーリンク

スポンサーリンク



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ